営業合理化 Uさん(2021年入社)

私は、営業合理化という部署に所属しています。
営業合理化は、主に受発注業務をおこなっています。

部署内で、担当する営業チームがわかれていて、私は2つの営業チームを担当しています。

2022年7月の新システム導入により、発注業務が他部署に移管されたため、受注と営業さんからの依頼対応が多くなりました。

受発注のタイムスケジュールを気にしつつ、依頼ごとや問い合わせの優先度を見極めて対応する必要があります。デスクワークだけと思っていたのですが、隣の商品管理センターに走って商品の現物を確認したりすることも多々あります。営業合理化は、マルチタスクかつフットワークの事務といった感じですね。

「〇〇が明日必要らしいんだけど、すぐ手配できるかな?」と営業さんから。
すぐにメーカー様に問い合わせをして可能かどうかを確認した上、営業さんへレスポンス。この何往復かのキャッチボールでは、とにかくフットワークが大事。この対応の間にも別の問い合わせや受注が入ってくるので、優先度を常に見極めながらスピーディーに対応することが大事ですね。

正直に言うと、事務職でこんなに「走る」とは思いませんでした(笑)例えば担当病院様分の入荷商品の箱に少し傷がある、といった場合。こういった情報も常に営業さんと共有するために、現物を自分の目で確認しに商品管理センターへ走ったり、商品の引き取りに来られた会社様の対応に走ったり…。 普段お客様と接することがない私たちが、患者様を想って実感的に仕事をする「象徴」と言えるかもしれません。

色んなイレギュラーが毎日発生するので、当たり前の表現かもしれませんが「同じ日はない」が本当に新鮮です。 今はこのイレギュラーについても営業さんや先輩方に助けてもらうことがほとんどなのですが、1日でも早く自身が助ける側になりたいな、と思っています。

AM

8:30~

当日納品分の納品書準備
受注、電話対応、営業からの依頼対応

PM

13:00~ 受注、電話対応、納期確認、症例使用品の補充対応
翌日納品分の納品書準備
18:30 退社

ニコニコと穏やかに「マルチタスク」をフルスピードでこなす合理化さんは、たくさんの手がある「阿修羅像さん」みたいですごいんだ~。

商品管理部 Kさん(2019年入社)

商品管理では、正社員、契約社員、派遣社員、業務委託先など様々な雇用形態の方が約20名で医療材料等の在庫管理をおこなっています。
医療材料は、使用期限が限られた商品がほとんどのため、その期限管理をおこなう重要な部署でもあります。私が主におこなっている業務は入出庫や発注業務です。
特に午前中は発注した商品が運送会社様の便で、約30分おきに次から次へと到着します。商品に傷や破損がないか等を慎重かつスピーディーにチェックしながら入庫業務をおこないます。
また、お客様からのご注文に合わせたタイムスケジュールでピッキング、出庫業務をおこなっていきます。

私たちは、主に庫内で勤務していてお客様と接することはほぼありません。
しかし患者様に使用する大事な商品を取り扱う仕事であることを契約社員や派遣社員の皆さんと一緒に「心ひとつ」でおこなうことが大事だと思っています。
日々悩ましく感じることもありますが、繰り返し共有することでより良くなると信じて、頑張っていきたいな、と思います。

商品管理センターは2階建ての構造で、配属当初は1階と2階が分断されている印象がありました。「1階と2階で連携しよう」と伝えながらも「実は顔と名前が一致しないんだよね」とのパートさんの声でハッとしたんです。上司にすぐに相談して、持ち場を固定せずローテーション化することで、声のかけあいや協力が自然とできるように変化してきたように思います。 「すべては、患者様のために」は、こうした小さな一つひとつの改善の積み重ねの先にあって、またそれらを経験の浅い私も発信できる職場環境がとてもありがたいな、と思います 。

お客様が病院のため、緊急的なニーズは日常的で、多いときは1日に5件くらい営業さんから依頼があります。 迅速に商品を準備して対応できたとき、他部署の皆さんから「ありがとう、助かったよ」と言っていただくことがあります。 「部署を超えて協力できることがとても嬉しいな」といつも思います。そのような声を一人でも増やしていきたいな、と思っています。

AM

8:30~

始業
入庫業務(約15便)
緊急納品の商品準備

12:00~

休憩

PM

13:00~ 出庫業務
緊急納品の商品準備
16:30~ 改善ミーティング
18:30 退社

「患者様のため」という当たり前に思える意識も、繰り返し伝える人がいてこそ、より浸透するんだね。チームを超えて協力できるって、かっこいい!

TOP